agent
 
フリーランスエンジニアになる前の準備が終わったら
次に必要なものは営業力です。
 
 

営業力とは

営業力って言うとなんかすごいものではないかと思うけど、
単純にフリーランスになった本人と契約をしてくれる現場を探す能力の話です。
正社員の時から
開発現場のPMなど責任者とすぐ仲良くなったり
お酒を飲みに行ったりなどをして
単価の話とか
自分の後輩を現場に入れたりとか
してた経験があるエンジニアなら
全く問題ないですが、
一般的なエンジニアはこういうのが難しいですね。
 

エージェントについて

でも、そんなに心配することはないです。
一般的なエンジニアが難しく思ってることを
代わりにやってくれるのが数多いエージェントです!
本当に多くの企業がこの事業に手を出してます。
しかも全くITと関係のない
美容師やアパレル企業などもエージェント業務をしてるところがあります。
もちろんITと全く関係のないところのエージェントは
単純にお金目的なので
エンジニアからみるとあまりいいことないです。

酷いところは
契約種類も請負契約になってるところもあります。
こういうエージェントとは契約をしないようにしてください。
何も考えずにスルーするのです。
 


気を付けた方がいいエージェントについて

あまりにもエージェントが多いので
ここがいいって言うより、こんなところはダメって感じで説明します。
まずは、
弊社に来たら今より絶対XX万円収入が増えますよ~
って話してる営業さんですね。
うむ、、、100%ウソだとは言いませんが、
特別な場合じゃなければ、エンジニアの単価って大体決まってるので、、、

また「話がよく変わる」エージェントはダメです。
これは私がフリーランスの時に経験したことです。
契約する時は税抜だと言って、
契約書作るのに時間がかかるからと言いながら
結局現場に入って1ヶ月働いた時点で契約書を作成してもらって
内容をよく見たら税込だったっていうこともありました。

契約書の内容が違うことを確認してもらうのにまた1ヶ月かかって
またその差額を入金してもらうのに2ヶ月もかかりました。
エージェントは慎重に決めてください!!!

最後にもう一つ言うと「返事が遅い営業」はダメです。
提案してるのにどうなってるのか確認をお願いしても
一週間くらい返事がないとか
面談したのに急に連絡が取れなくなる営業もいます。

個人事業主は、自分の時間を使って収入が発生するので時間は大切です!
こういう営業さんに出会ったら別のエージェントを探しましょう。

私がフリーランスで働いてた時に
すごくイヤだったことをいつくか書きました。
皆さんはいいエージェントに出会って
またいい案件に出会って
稼いでほしいです!
 
 
フリーランスエンジニア募集フォームへ
 
 

(Visited 6 times, 1 visits today)