networking
 
フリーランスエンジニアとして
仕事の受け入れと断り方は重要なスキルです。
クライアントとの円滑な関係を築くために
プロの対応術を身につけましょう。
 
 

1. 仕事を受け入れる際のステップ

 
 

クライアントとの明確なコミュニケーション

仕事を受け入れる前に
クライアントとの明確なコミュニケーションが不可欠です。
プロジェクトの要件や期限、報酬に関する細かい部分を把握しましょう。
質問や疑問があれば積極的に質問し、誤解を避けましょう。

プロポーザルの作成

仕事を受けるには
プロポーザルを作成して提出することが一般的です。
プロポーザルにはプロジェクトの概要、スコープ、価格、納期などを明確に記載し
クライアントに理解しやすく伝えましょう。

取り決めの文書化

仕事を受け入れる前に取り決めを文書化しましょう。
契約書や合意書を用意し双方の期待が一致していることを確認します。
これにより後々の紛争を防ぐことができます。
 
 

2. 仕事を断る際のステップ

 
 

早めのコミュニケーション

仕事を断る場合は早めにクライアントに伝えることが大切です。
仕事に対する興味を示しつつ
都合やスケジュールの都合で応じられない旨を誠実に伝えましょう。

理由の説明

断りの際にはできるだけ具体的で誠実な理由を伝えることが望ましいです。
他のプロジェクトへのコミットメント、予定された休暇、スキルセットの不一致など
理由を丁寧に説明しましょう。

代替案の提案

クライアントが理解しやすいよう
仕事を断る際には代替案を提案することが良いです。
他のフリーランサーの紹介や将来的なプロジェクトへの協力の意思表示など
協力的な態度を示しましょう。
 
 

結びつけると

仕事の受け入れと断り方はプロとしての信頼を築く鍵です。
明確なコミュニケーション、プロポーザルの作成、
取り決めの文書化は受け入れる際に役立ちます。
また早めのコミュニケーションや理由の説明、
代替案の提案は断る際にクライアントとの良好な関係を維持するために有益です。
 
 
フリーランスエンジニア募集フォームへ
 
 

(Visited 6 times, 1 visits today)