laptop
 
無線LANやBluetoothのセキュリティを強化するために、
以下の具体的な手順をご紹介します。
 
 
 

無線LANのセキュリティ設定

 

ルーターの管理者パスワードの変更

ルーターにアクセスし、管理者パスワードを変更します。
デフォルトのパスワードはセキュリティ上の脆弱性を引き起こす可能性があるため、
一意の強力なパスワードに変更しましょう。
 

ネットワーク名(SSID)の変更

ルーターの設定でSSID(ネットワーク名)を変更します。
デフォルトのSSIDは攻撃者にとって狙い目となる可能性があるため、一意の名前に変更しましょう。
 

暗号化方式の設定

ルーターのセキュリティ設定で、WPA2またはWPA3の暗号化方式を選択します。
これらの方式はより強力で安全な暗号化を提供します。
WEPはセキュリティレベルが低く、推奨されません。
 

パスワードの設定

ルーターのセキュリティ設定で、ネットワークへのアクセスに必要なパスワードを設定します。
強力なパスワードを使用し、定期的に変更することをおすすめします。
 
 

Bluetoothのセキュリティ設定

 

Bluetoothの可視性を制限

Bluetoothの設定で、デバイスの可視性を必要な時だけに制限しましょう。
常に可視状態にすると、周囲の攻撃者が接続を試みる可能性があります。
 

ペアリング時の認証

Bluetoothデバイスをペアリングする際には、認証コードやパスワードを使用しましょう。
デフォルトの認証コードは簡単に推測されることがありますので、
独自のコードを設定することをおすすめします。
 

不要な接続を削除

ペアリング済みのデバイスの一覧を定期的に確認し、不要な接続を削除しましょう。
接続が不要になったデバイスは、セキュリティ上のリスクとなり得ます。
 

最新のソフトウェア更新を適用

デバイスのBluetooth機能を提供するメーカーから提供される最新のセキュリティパッチやソフトウェアの更新を定期的に適用しましょう。
これにより、既知の脆弱性が修正され、セキュリティが向上します。
 
 
 
これらのセキュリティ設定を適用することで
無線LANとBluetoothのセキュリティを強化し、
悪意のあるアクセスや攻撃からデバイスやネットワークを保護することができます。
 
 
フリーランスエンジニア募集フォームへ
 
 

(Visited 4 times, 1 visits today)